犬の目が白く濁る場合の症状とは〜猫と犬のくらしちゃん

角膜潰瘍

 

 

犬の目が白く濁る状態で考えられる病気の1つ、角膜潰瘍があります。
角膜は黒目の表面の透明な膜です。
この膜に潰瘍が出来た状態が角膜潰瘍というもので、ドライアイや逆まつげ、異物侵入など傷つく原因は色々あります。
眼の大きな犬がかかりやすいトラブルの1つで、角膜潰瘍を起こすと角膜が白く濁ります。
痛みから犬は目をしょぼつかせるようになり、傷が内部に進んでいくと角膜に穴が開いてしまいます。
そして眼球破裂、という最悪のパターンになってしまうのです。
治療は軽度ならば点眼で、重症なら外科手術が必要な場合もあります。
最悪失明したり眼球摘出を行うこともあります。
キズが治っても、角膜に白い痕や黒い痕が残る可能性は充分あります。
日ごろから眼の大きな犬を飼っている飼い主は気をつけてあげましょう。

 

 

白内障

 

 

白内障は水晶体が白く濁った状態で、視力低下を引き起こします。
進行すれば失明するという怖い病気です。
これも人間によくある眼科の病気の一種です。
白内障の初期には白濁範囲は狭く、見落としがちなのですが、次第にものにぶつかったり段差につまずいたりという症状が現れてきます。
大方の白内障は年齢を重ねると出てくるものですが、外傷や糖尿病、水晶体にも影響を与える病気から繋がるケースもあるようです。

 

遺伝的要因で発症するものもあります。
白内障に効果がある治療法は手術しかありません。
しかし手術によって愛犬にかかるダメージや人間より合併症を起こしやすいというリスクを負わねばならず、白内障の犬を持った飼い主は酷く悩まされることになります。
年齢の高い犬なら、そのままでも日常生活を送るのが困難だ、と感じないのであれば、そのままでも良いとされています。
手術することでリスクが高くなってしまうからです。
ですから、手術を受けるか、受けないか、は、犬の年齢や育ち、環境などを考慮して、愛犬に最適な方法を選ぶ必要があります。

 

 

白く濁ることは充血より注意

 

 

犬の目が白く濁ることは、充血した眼よりも注意したほうが良いでしょう。
即失明、というわけではありませんが、失明の可能性が高く、眼球を摘出しなければならない可能性も充血する眼よりも高くなります。
年齢を重ねた犬なら白濁した眼でも仕方ないかもしれませんが、若くして眼が白く濁っているのはよくありません。
眼の健康は飼い主だけがみてやれる症状です。
毎日のスキンシップの中でおかしいな、と思った時にはすぐにかかりつけ医に連れて行けるようにしたいです。